ようこそゲストさん

熟練aoe3(SC2) log

2014/11/22(土) VAIOにほむスピナーを描いてきました

2014/12/07 20:57 PCハード
去年のMFT2013で知ったHappyPrintersさん、UVプリンタだと大体のものにプリントができるそうなので来年のMFTに来るときは何か印刷したいな~と考えていた。
そこで今回は手持ちのVAIO Pro11にほむほむのスピナーを描いてもらうことにしてみました。

DSC04518.JPG

まずはデータ作成。
EPSファイルであればいいらしい。残念ながらIllustratorは買うお金もないし使い方が分からないのでDraftsightで普通にCADでDWGとして描いたものをEPSプリンタで出力しました。設定資料集と格闘して書きましたがムーブメント周りはかなりフィーリングです。

DWGとEPSをzipにまとめました。もし、使うことがあるなら私的利用でお願いします。20141207203308.png
homu.zip

http://happyprinters.jp/facilities/index.html をよーく読んでデータを作成。したけどCMYKの出力方法が分からなかった。データを持ちこめているなら現地で変換してもらえた。

VAIO Pro11は蓋を閉じた状態で若干斜めを向いている。UVプリンタは多少の凹凸はOKらしいが極力水平にしたい。水準器で測定してみたところ、M3のナットを蓋に挟むと大体水平なので出力時も挟んで行った。

やってもらった時の写真とかたくさんiphoneで撮ったんですけどサルベージ出来なかったので省略(´・ω・`)
仕上がりは思った通りで大満足です。カーボンの天板なので少しレーザー印刷が心配でしたが全然大丈夫でした。

2014/11/02(日) ねこ草育成経過

2014/11/02 18:50 電子工作
種植えからおおよそ一週間。結果発表

こちらは同時期に普通な育て方をしたねこ草
DSC04477.JPG

こちらは育成期LED栽培
DSC04482.JPG

LEDで栽培したほうは通常栽培より緑が濃く葉の伸びもよかった。夏場ならおそらく差は出ないと思われる。トイレの暗みで十分育つのが分かった。
今回、水がやや腐りかけてきたのでこれが次回への課題である。水耕だとどうしても水質に難が出るので次回はバーミキュライトを使って栽培をする予定。

2014/10/25(土) ねこ草育成器完成

2014/10/25 20:47 電子工作
基板が到着したので早速ハンダ付け&工作。

板はこんな感じ。特にしくじったか所は無かったが、白シルクはパターン分からんね。
CCI20141025_0002_s.jpg

上から。箱は100均の食パンケース。
DSC04247.JPG

適当に固定。LEDは赤56、青6、赤外2にしてみた。
DSC04249.JPG
DSC04251.JPG

KiCADのプロジェクトとAVRのプログラムソース一式。
Plant_LED.zip

これから早速栽培試験に入るぞー

2014/10/21(火) LPS25Hをお試し!

2014/10/21 24:57 電子工作
AE-LPS331の後継?らしきAE-LPS25Hが出たので試してみた。
親切なことに?両者はピン互換。したがってHW的な変更点は不要。
SW的な違いは、
  • WHO_AM_I 0x0F の値がLPS331Sが0xBBに対しLPS25Hは0xBD
  • 精度の設定 0x10 の書式が両者で微妙に異なる
と微々たるものなので少しの改良ですぐに使える。

B0ev30FCUAAHBmG.jpg

2014/10/12(日) ねこ草育成基板発注

2014/10/12 21:47 電子工作
Kicadの練習も兼ねて土日で片づけました。ガーバーをエクスポートしてElecrowに発注を掛けました。今回は光を反射したほうがいい気がしたので白レジストにしました。KicadはPTHとNPTHのドリルは別ファイルに出力されるが、Elecrowの仕様だと両方入れても問題ない。外枠の拡張子をGML、ドリルの拡張子をTXTにすればそのままいける。

構成はこんな感じ
  • CPU Atmega 328P-AU
  • 光センサS9648
  • LEDは4x16の64本。適当に青と近赤を入れる。
Kicadでのハマりポイント
  • GND、DGND、AGNDなどGNDを分離した時、それぞれは別系統扱いになり、そのまま接続するとERCエラーになる。したがって何か適当なもので接続すればいい。私は抵抗でこんな感じにした。
20141012214625.png
  • PCBnewでアートワークにするときはそれ用に適当な部品をフットプリントとして作ればいい。私は丸パッド(F.Cu以外何もなし)に導体のラインを引いたものにした。この導体はDRCに引っかからないのでうまく配置すれば普通の一本道になる。
20141012214817.png

20141012220922.png
  • 完成した回路図はこんな感じ
20141012220554.png
Plant_LED.pdf
  • PCBアートワークはこんな感じ。Bitmap2Componentが強力なのでちょっとした模様を入れてみました。
20141012151517.png20141012214304.png

2014/10/06(月) ねこ草育成LED光源画策中

2014/10/06 19:15 電子工作
ねこ様にあげるねこ草、お店でもよく売ってるし種も売ってる。こいつは結構デリケートで外で日光をガンガン当てると速攻で枯れてしまう。しかも冬は寒くて碌に芽が出ない。なので室内で育成したい。しかしながら蛍光灯とかは植物の育成にあまり効率が良くないと聞く。
調べてみると660nm(赤)と450nm(青)の混合光がクロロフィルの吸収スペクトル的に最適らしい。家の中で一日中そんな光がともっていると邪魔くさい。何かいい場所は無いかと考えた結果、トイレが最適だと確信した。水もあるし一石二鳥。装置にセンサを仕込んで人が蛍光灯を点けたら消灯する感じでパーペキではないだろうか。
  • 青対赤の比は色々あるようで1:3から1:10くらいまで。要は青少な目。
  • 適当なマイコンとセンサを仕込んでトイレの蛍光灯と連動させる。
  • 赤LEDはこれを使う。ばっちり660nm。
  • 青LEDはこれをつかう。ばっちり450nmではないが秋月での入手性を重視。
  • 連続光よりパルス発光の方がやや育成効率がいいらしいのでFETをかまして適当に周期を変更できるようにする。
  • PCBはElecrowの10x10緑に入る程度で
  • 容器は虫かごとかが使いやすいかな。虫を出す窓に基板をはめ込む感じで。

2014/08/06(水) Rubisのピンセット買ったよ!

2014/08/06 19:46 電子工作
少しよそのも使ってみたくなったのでRubisのピンセットを買ってみた。
100%非磁性でくっつかない!

愛用のHOZAN P-887と比較。一回り小さい。
DSC03883.JPG

先端は左右の狂いもなくつまみやすい。
DSC03885.JPG

7A-Axalは鶴首の太目。
DSC03886.JPG

ストローク比較。大きな部品はP-887かなー
DSC03888.JPG